受付時間

和整骨院 0484876831

アクセス

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 物をつかんで持ち上げる際に肘外側から前腕にかけて痛みがある
  • タオル、雑巾等を絞ると肘外側から前腕にかけて痛みがある
  • パソコンの入力作業時に肘外側から前腕にかけて痛みがある
  • 基本的に安静時には痛みがない
  • 肘外側が痛く、湿布や痛み止めなどを使用しているが効果が無い

上腕骨外側上顆炎とは?|新座市 和整骨院

肘外側の膨隆している骨には、手首反らしたり、指を伸ばす働きを持つ筋肉が数種類付着しています。

それらの筋肉を過剰に使用する事で筋肉付着部付近で炎症が起こった状態を上腕骨外側上顆炎といいます。

また、中年以降のテニス競技者に多くみられることからテニス肘とも呼ばれています。

上腕骨外側上顆炎の原因は?|新座市 和整骨院

加齢的変化から上腕骨外側上顆に付着する筋肉や腱の弱体化が起こり、そこに過剰なストレスがかかることによって生じます。テニス競技者だけではなく重量物を取り扱う方なども発症のリスクが高い傾向にあります。

また、現代では繰り返されるパソコン入力作業での発症もみられます。

上腕骨外側上顆炎の症状は?|新座市 和整骨院

上腕骨外側上顆炎は安静にしていれば痛みがなく、「手首を反らす」、「指を伸ばす」などの動作を行った時に肘の外側から前腕にかけて痛みを感じます。

具体的な日常生活動作では、「物をつかんで持ち上げる」、「雑巾をしぼる」、「ドアノブを回す」、「パソコン入力作業」などで痛みを感じます。

しかし、重度になると安静時にも痛みを生じるようになり、「軽量物でさえ持てない」、「手に力が入りずらい」など日常生活に大きな支障をきたすこともあります。

また、痛みが長く続く(慢性痛)ケースを引き起こしやすくなってしまいます。

上腕骨外側上顆炎の治療法は?|新座市 和整骨院

新座市和整骨院ではまずはじめに痛みの部位、症状の経過・時期、痛みの出る動作などに関する問診を行います。また、上腕骨外側上顆炎をチェックするテスト方法がいくつか存在します。

①トムゼンテスト
②中指伸展テスト
③チェアテスト
問診の際に上記のテストを行います。

次に問診をもとに、それぞれの症状に合わせた治療を行います。

新座市和整骨院では手技療法、物理療法を行ないますが、特に手技療法をメインとした治療を行います。

手技療法では痛みのある部位の他に、痛みを誘発している離れた部位の筋肉、筋膜、腱、関節、神経等にアプローチしていきます。

物理療法ではホットパックによる温熱療法や電気療法(干渉治療器、波低周波治療器など)を用いています。

最後にテーピング(症状によって)、セルフケア、日常での注意事項、次回来院日時などの指導を行います。
生活スタイル、運動の頻度・強度、症状などによってはエルボーバンドの装着をする場合もあります。
(エルボーバンドとは肘や前腕の筋肉にかかる負担を軽減する為のバンド状のサポーターです。)

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)でお困りの方は是非一度、新座市和整骨院へ御相談ください。

新座市 和整骨院  お問い合わせ

和整骨院へのお問い合わせ

0484876831

住所
〒352-0001
埼玉県新座市東北2丁目19−16
駐車場
4台駐車スペースあり

受付時間