受付時間

和整骨院 0484876831

アクセス

オスグッド病

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 現在成長期で膝のお皿の下が痛い
  • 膝のお皿の下が出っ張ってきた(腫れている)
  • ダッシュ、深くしゃがみ込むことが困難
  • ここ数ヶ月で一気に身長が伸びた
  • 病院でオスグッド病、成長痛と診断されたが特に治療をしていない

オスグッド病とは?|新座市 和整骨院

オスグッド病とは成長期(10〜15歳)に起こり、膝のお皿の下の骨「脛骨粗面(けいこつそめん)といいます」の部位での障害です。

オスグッド病の症状としては脛骨粗面の痛み、脛骨粗面が出っ張ってくる(腫れてくる)、しゃがみ込むのが困難、正座が不可、ダッシュができないなど、スポーツや運動をする際に痛むケースが多いです。重度になると日常生活で痛みを発症することもあります。

オスグッド病の原因とは?|新座市 和整骨院

オスグッド病の主な原因は一言でいうと骨と筋肉のアンバランスです。成長期には身長が伸びます。この骨の成長に対して筋肉の成長が追い付かずアンバランスが生じた際にオスグッド病は発症しやすいという特徴があります。

つまり身長が伸びた事で長くなった骨に対して筋肉は長くなっておらず、筋肉が無理矢理引き伸ばされ緊張してしまっている様な状態です。

主に太ももの前面にある大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という筋肉が引き伸ばされ緊張している状態となります。また成長期の骨は未だ完全に骨とはなっておらず、骨端成長軟骨という部分が存在します。(骨端成長軟骨は成長と共に骨になります)

成長期にあるこの骨端成長軟骨の部分は骨と比べてストレスに弱く障害を受けやすいという特徴があります。この骨端成長軟骨が脛骨粗面にも存在しています。脛骨粗面に存在する骨端成長軟骨が緊張状態にある大腿四頭筋に引っ張られるストレスによりオスグッド病は発症するのです。 

当院のオスグット病治療方法|新座市 和整骨院

オスグッド病は成長期を終え、骨端成長軟骨が骨となると自然治癒します。しかし、痛みがある状態でスポーツや運動を続ける事は症状の悪化や他の部位を痛めてしまう事へつながります。

また、学生のうちの部活動は2年半と期間が短い、体育の授業などもあり、オスグッド病で練習ができない、体育への出席ができないとその後の進路などが左右すされる、といったこともあると思われます。

これらのことから、自然治癒は見込めると言えるけれども、新座市和整骨院では積極的に治療を行うことをお勧めします。

まずオスグッド病で重要なのは大腿四頭筋の緊張状態を緩めて、柔軟性を獲得することです。その他にオスグッド病を助長する部位を治療していきます。

新座市和整骨院では、はじめに痛みのある部位、痛みの時期・経過、スポーツや運動について(練習量、練習内容、練習時に痛みのでる動作)の問診を行います。

次に問診をもとに、オスグッド病それぞれの症状に合わせた治療を行います。新座市和整骨院では手技療法、物理療法を行ないますが、特に手技療法をメインとした治療を行います。

手技療法では痛みのある部位の他に、痛みを誘発している離れた部位の筋肉、筋膜、腱、関節、神経等にアプローチしていきます。物理療法ではホットパックによる温熱療法や電気療法(干渉治療器、波低周波治療器など)を用いています。

最後にテーピング(症状によって)、セルフケア、日常や練習時の注意事項、次回来院日時などの指導を行います。サポーターの装着を行う場合もあります。

PNF療法とは?

また、症状によってはPNF療法を行います。この治療法はオスグッド病はもちろんのこと、神経痛・シビレ・急性痛・頑固な慢性痛・関節痛に至るまで、ほとんどの症状に適応する治療法です。

非常に微弱な力で筋肉に刺激を与え、神経の反射弓を利用して行う治療法です。 関節のゆがみの調整・筋肉の走行バランスの調整・神経圧迫の緩和・血流の促進を行います。

これにより、筋肉・関節の痛み、炎症性の痛み、神経性の痛み、内分泌性の痛み等が改善されます。 また、神経・筋肉の賦活作用により、筋肉強化・神経伝達の正常化等の効果も期待できます。

当院におけるPNF療法とは、神経筋整合法というPNF理論を母体に、 春日スポーツ医学研究所・春日啓先生により研究開発された独自体系を有する療法です。ですから一般のPNFの筋力増強や運動能力向上だけにとどまらず、痛みの治療に特に効果を上げています。

オスグッド病でお困りの方は是非一度新座市和整骨院へ御相談ください。

新座市 和整骨院  お問い合わせ

和整骨院へのお問い合わせ

0484876831

住所
〒352-0001
埼玉県新座市東北2丁目19−16
駐車場
4台駐車スペースあり

受付時間