受付時間

和整骨院 0484876831

アクセス

椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 首や肩、腕に痺れや痛み、脱力感が有る
  • お尻や太腿に痺れや痛みが有る
  • 指で物をつかもうとしても、上手くつかめない
  • 足がもつれ、歩くことが困難になる
  • おしっこや便が排泄しにくい

椎間板ヘルニアとは何ですか?|新座市 和整骨院

「ヘルニア」とは、臓器または組織の一部の異常開口部から組織などが脱出してしまうことです。先天性と後天性が有り、先天性では出生時にすでになってしまっているヘルニアで、殆どが陰嚢ヘルニア(脱腸のことです)か、臍ヘルニア(いわゆるデベソですね)となります。

後天性は、物を持ち上げたり、激しい外傷など、または加齢等によりなってしまうヘルニアで、ぎっくり腰などとも言われる症状です。

その後天性ヘルニアで、背骨のクッションの役目をしている椎間板の中にある髄核という組織が、脊椎の外に出てしまった状態のことをいいます。

神経が圧迫されることで、腰痛・足の痛みや痺れ、または感覚が無くなったり、動かせなくなったりすることもあります。

椎間板ヘルニアの原因はなんですか?|新座市 和整骨院

いわゆる背骨、脊椎は頸椎・胸椎・腰椎と分けられますが、全部に椎間板は有ります。その中でも負担が掛かり易い、頸椎と腰椎に発症することが多く、働き盛りと言われる、20~40歳代の男性により多く見られます。

椎間板ヘルニアの多くの原因は、椎間板への強い圧力です。椎間板は繊維輪と髄核から出来ており、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。

椎間板に強い圧力が掛かり、その一部が脱出して神経を圧迫すると、様々な症状が引き起こされるのです。

椎間板は10代でも劣化し始めるといわれており、急に重いものを持ち上げたり、窮屈な悪い姿勢での作業が続くと発症しやすくなりますが、その他にも喫煙や遺伝、ストレスなども関係しているとも言われています。

椎間板ヘルニアの検査はどんなことをするのですか?

病院ではMRIやX線(レントゲン)撮影などの画像での検査や、整形外科テストと言われる「下肢伸展挙上テスト」や、「スパーリングテスト」「ジャクソンテスト」などを下肢や頚部にテストしたり、または身体の診察なども加え、総合的に診察をします。当院でも、画像撮影は出来ませんが、様々な整形外科テストを行い、総合的に判断しております。

椎間板ヘルニアの一般的な治療法はなんでしょう?|新座市 和整骨院

椎間板ヘルニアの多くは、数カ月で自然に小さくなり症状が軽くなるといわれます。飛び出した椎間板ヘルニアが完全に無くならなくても、神経に当たらなくなったり、炎症が治まったりすると症状は軽くなると考えられています。

一般的に病院では、初期には痛み止めや炎症を抑える治療薬を処方したり、ブロック注射したりと症状を抑える治療が中心になります。

もしも3カ月を過ぎても痛みや痺れ、脱力がが出る場合には、ヘルニアを小さくする手術なども検討されます。

当院では手術は不可能ですので、早期に整形外科などに相談して頂くこともあると思います。

和整骨院での治療に向いている患者様とは?

・他の整骨院や、整形外科に何度も通院しているが、一向に改善が見られない。
・ブロック注射をしているが、すぐに痛みが戻り、しびれる。
・発布剤や痛み止め薬を服用しているがあまり効果が見られない。
・頸椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニアと診断され手術を勧められたが、出来ればしたくない。

このような方に相談をして頂きたいと考えています。

和整骨院(埼玉県新座市)の椎間板ヘルニアの施術法は?

まずは患部を中心に、筋肉や腱膜・皮膚等にアプローチをして何処に痛みの原因が有るかを探ります。

手技施術

痛みを感じる患部の周辺から筋肉をほぐし、関節・筋肉のバランスを整えます。

筋の拘縮などにより神経が絞扼されている時などは血流も阻害されている場合が有りますので、これにより血液の流れが改善され、固まった筋肉や腱膜の緊張が緩和されます。

PNF療法

神経痛・シビレ・急性痛・頑固な慢性痛・関節痛に至るまで、ほとんどの症状に適応する治療法です。非常に微弱な力で筋肉に刺激を与え、神経の反射弓を利用して行う治療法です。関節のゆがみの調整・筋肉の走行バランスの調整・神経圧迫の緩和・血流の促進を行います。

これにより、筋肉・関節の痛み、炎症性の痛み、神経性の痛み、内分泌性の痛み等が改善されます。また、神経・筋肉の賦活作用により、筋肉強化・神経伝達の正常化等の効果も期待できます。当院におけるPNF療法とは、神経筋整合法というPNF理論を母体に、 春日スポーツ医学研究所・春日啓先生により研究開発された独自体系を有する療法です。ですから一般のPNFの筋力増強や運動能力向上だけにとどまらず、痛みの治療に特に効果を上げています。

物理療法など

消炎・鎮痛・血流促進効果のある周波数を患部に流す低周波治療機、干渉波治療機をはじめとして、 症状により牽引機・ローラーベッド等を行います。当院は手技療法を主体に行っておりますので、電気療法はあくまで補助的なものと考えております。

ですから電気療法の苦手な方等は、無理におすすめはいたしませんので、来院の際、お申し出下さい。

その他

施術後に良い状態を保って頂くために、簡単に自宅で出来るストレッチ等を指導しております。坐骨神経痛でお困りの方は埼玉県新座市の和整骨院へご相談下さい。

新座市 和整骨院  お問い合わせ

和整骨院へのお問い合わせ

0484876831

住所
〒352-0001
埼玉県新座市東北2丁目19−16
駐車場
4台駐車スペースあり

受付時間