受付時間

和整骨院 0484876831

アクセス

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝の外側が痛む
  • 膝の外側を押すと痛む
  • 運動後に膝に違和感を感じる
  • 階段の上り下りに痛みがある
  • 膝の曲げ伸ばしで痛む

腸脛靭帯炎とは?|新座市 和整骨院

腸脛靭帯炎は別名「ランナー膝」と呼ばれ、ランニングによる膝の代表的な障害になります。

大腿骨外顆(太ももの骨)と腸脛靭帯が摩擦を繰り返すことで、炎症症状が起こります。

また、O脚や変形性膝関節症によって、膝が内反し、下腿の内旋が増強する人も腸脛靭帯にストレスを抱えた結果、症状を発症するケースもあります。

腸脛靭帯炎を起こしやすい人とは?|新座市 和整骨院

・陸上競技
・バスケットボール
・サッカー
・バレー
・登山
・スキー
・足に合わない靴を履いている
・走り方に問題がある
・O脚
・変形性膝関節症
・膝蓋骨外方偏移
などなど

当院の腸脛靭帯炎の治療法|新座市 和整骨院

新座市和整骨院ではまずはじめに痛みの部位、症状の経過、時期、痛みの出る動作などに関する問診を行います。腸脛靭帯炎をチェックするテスト方法がいくつか存在します。

①ノブル・コンプレッションテスト
②オーバーテスト

問診の際に上記のテストを行います。

次に問診をもとに、それぞれの症状に合わせた治療を行います。新座市和整骨院では手技療法、物理療法を行いますが、手技療法をメインとした治療を行います。

腸脛靭帯炎では特に大殿筋、中殿筋、大腿筋膜腸筋、外側広筋の筋肉をアプローチします。各筋の短縮は、腸脛靭帯の緊張を亢進させるため、触診を行いながら的確に緊張した筋肉へアプローチしていきます。

物理療法では、ホットパックによる温熱療法や電機療法(干渉治療、低周波治療機など)を用いています。最後にテーピング(症状によって)、セルフケア、日常生活の注意事項などの指導をさせて頂きます。

腸脛靭帯炎でお困りの方は是非一度、新座市和整骨院へご相談下さい。

新座市 和整骨院  お問い合わせ

和整骨院へのお問い合わせ

0484876831

住所
〒352-0001
埼玉県新座市東北2丁目19−16
駐車場
4台駐車スペースあり

受付時間