ヘッダー

2012年 12月

 

もしかしたら半年ぶりの更新になるかもしれないカネコです^^

今回は「俺だって、たまには日曜日勉強するんだぜ!?」っていう報告のための更新です。

 

今日は、東京寮術学院って所にストレッチのセミナーを受けに行ってきました

ストレッチの理論から実技まで約3時間くらい。

 

「じゃぁ その勉強したこと教えろよ??」ってなると思うんですが…

無理っす(笑

 

今日貰った資料やメモったことを、書けばいいのであればいくらでも書きますが

それは多少の医学や解剖学(身体の仕組み)の知識がないと理解できないと思いますorz

自分自身でもまだ理解しきれてないところもあるので…。

 

 

まぁまぁ

「ストレッチってなんぞや??」ってくらいは報告します。

 

歩く・座る・物を持つなど日常生活では色んな動作によって筋肉を使います。

筋肉って動かす時には、脳から筋肉へ指令を出して初めて筋肉が動きます。←ここまでは誰でも知ってること。

 

座る・物を持つ以外の「歩く」を例題として説明します。

 

「歩く」→足を動かす→足の筋肉を動かす=脳から筋肉へ「指令」を出す

筋肉を一定時間ずっと動かし続けた後、自分の意識で力を抜いてもしばらくは

脳から筋肉への「指令」って出っぱなしなんです。

 

これにより

意識してない状態でも(指令を出してない状態)筋肉が収縮してしまってます。←これを"筋緊張"と言います。

"筋収縮"=筋肉が硬くなる って感じでイメージしてください。

この"筋緊張"は足だけではなく、肩にもこのような状態が起こります。

 

肩にも…

そう、肩にも起こると言うことは"筋収縮"は「肩こり」の原因でもあります。

日頃の溜まりに溜まった"筋収縮"が身体のあちこちで色んな障害を起すんですね。

 

では"筋収縮"を解消するには??

ストレッチです^^

 

でも、ここで1つ注意点が…

ストレッチは「その日、1日で溜まった"筋収縮"だけしか解消できない」

なので、今までに溜まったのは接骨院でほぐして貰いましょう^^

 

今日はストレッチの目的を簡単に説明しました^^

ちなみに、今日のセミナーの講師は清水 忍 という「Tarzan」という

スポーツ誌や西武ライオンズのトレーナーをやっていいる先生の講義でした。